「ファンダメンタル分析」を活用する




698734i 外国為替市場の為替相場を使っての投資取引においては、その為替レートの変動が利益を生むか、損失を呼び込むかという大きな注目点であるために、様々な分析方法が考案されています。

それらを大きく2つに称して「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」というものに分けています。
このうちのテクニカル分析は、比較的短期間の為替レートの動きに特化しており、もう一つのファンダメンタル分析は、外国為替市場の傾向と包括的な状況を知るために利用されます。
特にファンダメンタル分析は、相場全体の動きと傾向が掴もうとするものですので、レートの直接的な動きを見ていくテクニカル分析を行う際にも必要になってくる分析になります。

ファンダメンタル分析は、テクニカル分析のように過去の為替レートのデータを元に図表などを作ることはなく、主に情報の集積とそれの関連付けと実地的な解釈とによって成っていきます。

ファンダメンタル分析をするためには、まずは情報を集めることから始まります。
情報には様々なものがあり、主には通貨とその通貨を発行する国や地域の状況等が必要になります。
最も有益なものの一つとして知られているのは、経済指標になります。国や地域などはその経済の状況をまとめた指標を定期的に発表しています。
これらには、経済の動きの目安となる指標がたくさん含まれており、GDPの成長率や失業率、物価の上昇率、金利政策などが発表されますので、経済指標はその国の経済状況を知るために大切な情報と言えます。


また、中央銀行の総裁やそれに相応する経済界の要人の発言、政府による経済政策の発表なども重要な情報になります。
これにより通貨の評価が変わり、その価値が上がったり下がったりするために売買の流れが出来上がっていき、それが通貨の流通の大きな要因になります。

こうした事の他にも、その国の周辺地域の治安、例えば戦争や紛争、テロなどにも大きく影響を受けますし、大規模な自然災害や、そうした事を背景にした世界中の投資家の売買心理にも左右されます。

先ほどの経済指標などでも、特にアメリカのような経済大国の指標の発表の際には、その前から指標に対する予測から為替市場の投資家の動きが活発になり、特に発表が予測と違うものなどになった場合には、相場の乱高下にまで発展したりすることもあります。

バイナリーオプションでは、比較的に短い期間内での値動きを予測して投資を行う形になりますので、ファンダメンタル分析のような範囲の広い期間の長いものは関係がないように思われますが、先にもある通り、短期間のテクニカル分析を行うためにもファンダメンタル分析が必要になりますので、知っておいて損はないでしょう。

また、バイナリーオプションでの投資取引は、相場が落ち込んでいる時でもそれに関係なく利益を掴むことができる仕組みになっていますので、ファンダメンタル分析でそうした相場が予想できたのであれば、FXなどからバイナリーオプションに切り替えてリスク回避を行う、という利用の仕方もできるのです。